我が家の住人は夫とわたしの二人です。

我が家のエコ教育
我が家のエコ教育

我が家の住人は夫とわたしの二人です

● 41歳 女性
我が家の住人は夫とわたしの二人です。

わたしは以前からエコというか節電や節約に興味がありましたが、夫はそのようなことよりも便利さのほうが大切なようで、節電とか節約とかエコに関しては全くの無関心でした。

でもそれではいけないと思ったわたしは、夫にエコ教育をするようになりました。

とはいえ、スパルタなやり方でただ怒って教えるのでは、夫は絶対に聞かないだろうし、聞いたとしても本当のエコの意味がわからないだろうと思ったので、エコ教育の仕方を考えました。

最初は、使ってない部屋に電気がついていたら、わたしが消して「今度から使ってない部屋は電気を消してね」と優しく言っていました。

でもなかなか電気を消してくれるようにはならなかったので、「その部屋を今使ってないから、電気消してくれるとうれしいな〜」と言って夫に電気を消してもらうことにしました。
消してもらったら「ありがとう!助かった〜!」と言ってほめました。

それを繰り返しているうちに、夫は不必要につけている電気を消したら、褒められる、そして役に立っているという気持ちが湧いてきたようで、今は何も言わなくても電気を消してくれるようになり、エコ教育がうまくいったように思います。