我が家のエコ教育というと、子供と一緒に実践しているのはゴミの分別です。

我が家のエコ教育
我が家のエコ教育

我が家のエコ教育というと

● 29歳 女性
我が家のエコ教育というと、子供と一緒に実践しているのはゴミの分別です。

自分が子供の頃は、ゴミ箱になんでもポイポイ入れていましたが、最近ではエコの観点から分別するのが当たり前になっています。我が家で分別しているのは、プラスチックと燃えるゴミ、古紙、ペットボトルやガラス、ビンなどです。
古紙は学校で定期的に回収しているので、使わなくなったノートや不要になったプリント、食べ物の箱などをつぶしてまとめて出しています。
燃えるゴミも、生ゴミはコンポストに入れて肥料をつくり、出来上がった堆肥は庭の家庭菜園に使っています。
ガラスやビンやペットボトルも資源物回収にまわし、ちゃんとリサイクルできるよう家族全員で取り組んでいます。
地球環境がどんどん悪化し、一人ひとりが常にエコに役立つことを考えて行動しなければいけない時代になっています。小さなことではありますが、子供の頃からきちんと分別の習慣をつけること、これが我が家のエコ教育です。